ロータリーの誕生

120万人を擁する組織は、たった4人で始まった!
 ロータリーは、1905年当時殺伐としたアメリカ、シカゴの青年弁護士ポール・ハリスにより設立されました。仕事上のつきあいが親友関係にまで発展する仲間を増やしたいとの趣旨から始まり、志を同じくする仲間が集い、新しいクラブが次々と誕生し、現在では国境を越え国際ロータリーとして大きく発展しました。
 世界に広がるロータリーの輪は、34,000のクラブと120万人ロータリアン(ロータリークラブ会員の通称)で構成されています。世界のロータリアンが、幅広い奉仕活動を行っています。

 わが国では1921年に東京RCが国際ロータリーへの加盟が承認され、現在国内には2,286のクラブがあり、約89,000名の会員を有するクラブとなっています。
 
ロータリーのはじめの4人
​右端:ポール・ハリス