会長挨拶

 2019-2020年度会長としてご挨拶申し上げます。

 今年度の国際ロータリーテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」(Rotary Connects the World)です。
 そして第2510地区目標は「自分を見つめ直し、若者を支援し、ロータリーの未来を語ろう」であります。
 

 今年度の当クラブの目標は、親睦と奉仕を中心に、若手・女性の新会員を迎えよう。そして、ロータリーが学びの場となるように、地域での奉仕・青少年への支援を、です。皆様の御協力の程、宜しくお願いいたします。

                          新札幌ロータリークラブ 会 長   大 石  清 司

  <クラブ目標>


(1)親睦を第一に、そして奉仕を・・・例会を毎回の席替えでベテラン会員と若手会員の交流と学びの場に
(2)職業分類制度の再発見と活用で、とりわけ女性・若手の会員増強を
(3)クラブ研修リーダーを設置し、「ロータリーの学びの場」となるよう機運を盛り上げる
(4)地域社会の奉仕活動・米山奨学生・青少年活動の支援と寄付を推進しよう

​< 国際ロータリーのテーマ >

 

2019-2020年度

 会長 マーク・ダニエル・マローニー

 国際ロータリー テーマ
 「ロータリーは世界をつなぐ」
  ”Rotary Connects the World”

T1920JA_PMS-C.png

< 国際ロータリー 第2510地区 目標 >

自分を見つめ直し、若者を支援し、ロータリーの未来を語ろう

1.みんなで手をとり合ってクラブを強化しよう
(1) 既存会員の維持と、地域の職業分類を調査・活用して更なる会員増強を推進し、

  クラブ会員の後継者を含めた若者たちへ向けて「ロータリー衛星クラブ」の設立

  を推奨し、ロータリーを成長させる。
(2) 女性会員や40歳未満の会員の入会を特に推進し、RAC全国研修会に向けてRAC

  の拡大・増強を支援する。
(3) ロータリー理解推進のため「ガバナー月信」を充実させ、ホームページをアップ

  グレードし、「世界を変える行動人」キャンペーンを促進 し 、広報活動を推進する 。


2. ロータリー財団へ寄付推進し、フルに活用しよう
(1) ロータリー財団への寄付を推進すると共に、クラブでは本年度特別に使用できる

  分も含めてDDFを十分に活用し、グローバル補助金も視野に地域社会および海外で

  のプロジェクトが増加するよう支援する。
(2) 「世界ポリオデー」には、世界のポリオ撲滅でWHOなどと共にロータリーが果た

  している役割を広く地域に伝えるよう各クラブに奨励する。
(3) 財団への年次基金とポリオプラスへの寄付を増やしつつ、恒久基金においても

  2025年までに20億2500万ドルへ成長するよう支援していく。


3. ローターアクターなど若者や新会員を支援しよう
(1)クラブに入会して5年以内の会員を対象に「新会員交流会」を開催し、ロータリー

  への理解を深めてもらう。
(2)米山記念奨学会への寄付の増進を図ると共に、この制度が地区内すべてのクラブ

  により一層理解され、また奨学生が卒後日本との架け橋になれるように支援する。
(3) クラブには「クラブ研修リーダー」の設置を奨励するとともに、積極的にロータ

  リー・リーダーシップ研究会(RLI)セミナーに参加してもらい、RLIセミナーがこ

  れからの「ロータリーの学びの場」となるよう認識を広めていく。