第1690回(R3.1.27) 通常例会

令和3年1月27日(水) 第1690回 通常例会


本日のプログラム : 会員卓話


〇会長挨拶

 本日の例会ですが、Zoom参加は村上寛会員と金田成髙会員の2名です。

 札幌はコロナの陽性者が少なくなってきたとはいえ、緊急事態宣言下です。札幌東クラブは今週を含め3週間は休会となりました。Web開催も行っていましたが、Youtubeでの配信でした。札幌北クラブも同様ですが、会食はお持ち帰り弁当で対応しているとのことです。札幌南クラブでは、例会をやらないのであれば、会費はどうするのかとの意見もあったようです。当クラブとしては、各クラブを参考にしながら進めて行きたいと考えています。食事は黙食とし、例会時間を短縮して、早く終われば終了とします。


〇会長報告

 再度、今後の例会のあり方ですが、次の3択から決めたいと思います。

 ①2月以降も例会を続ける

 ②例会の時間、食事の時間帯・形態を考えて行う

 ③暫く休会とする

 多数決をとらせていただいた後、最終的には理事会で決めたいと考えていましたが、会長判断で2月の第2週まで休会することとしました。


〇1月分米山奨学金贈呈~(公財)米山記念奨学会より

・米山奨学生 ダハール・ディパンジャナ さん



〇会員卓話 「私とロータリー」 有田 京史 会員

私がロータリークラブに入会して25年程になります。その間に色々な役割が回って来ました。各委員長や幹事、そして会長をしたり地区の委員長をしたりして、少しずつ知識や経験を積み重ねて来たのかなと思います。自慢する様な事はありませんが、新しい会員さんの何かの参考になればと、印象に残ったエピソードをお話しする次第です。

私の一番の思い出は、2005年国際ロータリー100周年のシカゴ世界大会です。ちょうど巡り合わせでクラブ会長だったので、幹事だった石黒会員と参加しました。節目の大会と言う事もあり、シカゴにはロータリアンが3万人も集まり、開会式も1日で1万人ずつ3回行われ、その規模に圧倒されました。シカゴの街やミシガン湖の景色もさることながら、エバンストンのロータリー本部やポール・ハリスの晩年の家を訪ねた事とマウントホープ墓地へお墓参りは本当に感慨深いものでした。

 国際組織としてのロータリーを理屈抜きで肌で感じた100周年シカゴ大会でした。

さて、ロータリーには若者支援の各プログラムがありますが、地区の青少年交換には12年関わりました。地区委員の時はクラブ全体で支援してくれて、会員の方々のご協力のお陰で多くの交換留学生受入事業を行う事が出来ました。本当にいろいろな事がありましたが、今日は限られた時間なので青少年交換についての詳しいお話しは、またの機会にします。

米山奨学生のスポンサーとしての経験も貴重なものでした。私は、台湾の黄仕豪君のスポンサーになりましたが、黄君のご両親が札幌に来られた時にお父さんが「日本と共に過ごした40年があるから今の台湾の発展があるのす。」と言われた時は感激しました。黄君も帰国して2児の父になり、今でも交流があります。

 もう一人の印象に残る米山奨学生にアズグリ・アイさんがいます。彼女は、ウイグル出身で酪農の研究をしていました。ある時「故郷の現地調査をして研究していますが、私の友達は地方政府の言っている事と異なる研究結果を発表したら行方不明になりました。後からわかりましたが刑務所に入っていました。」と淡々と話してくれましたが、その時は、正直本当かなと思いました。アズグリさんには研究者で同郷の旦那さんと就学前の男の子がいましたが2013年に帰国命令がありました。「日本で生まれ育った子供が帰ったら文化の違いに対応出来るか心配です。」と言って帰国しましたが、今は音信不通です。文化の違いどころか親子が一緒に暮らしているのかも不明です。

 韓国の米山奨学生も随分お世話しましたが、みな日本に馴染んでいました。中国も韓国もこの20年余りで激変しました。世界情勢も安全保障の状況も激変しています。ロータリアンとして長期に留学生と接していると本当に感じます。そして、日本だけが、日本人の意識だけが”茹でガエル“のように変わっていません。問題を直視して自由に論理的に論議する勇気か欠けているのでしょうか。

少し大それた話しになりましたが、何より次世代を担う若い人達のために、逃げないで矢面に立つロータリアンになりたいものです。


〇年次総会報告

 次年度の理事・役員が承認されました。


・2021-2022年度 理事・役員構成

 理 事    (役員)   会 長        池田規久雄

 理 事    (役員)   副会長        瀬川 俊男

 理 事    (役員)   会長エレクト     本間 勝行(クラブ奉仕)

 理 事           直前会長      中川  功(姉妹クラブ)

 理 事           職業奉仕委員長    川﨑 貴憲

 理 事           社会奉仕委員長    大石 真貴

 理 事           国際奉仕委員長    谷地中 勉

 理 事           青少年奉仕委員長   金田 成髙

 理 事           ロータリー情報委員長 川井千香子

 理 事    (役員)   幹 事        本間 勝行

 理 事    (役員)   会 計        加藤 裕美


〇次年度SAAの報告                          

 第1回 被選理事会におきまして、次期SAAは 南部 賢 会員に決定いたしました。


タグ:

5回の閲覧
特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square